専門学校を検索・資料請求できる進学情報サイト
認可校のみ掲載、職業実践専門課程、多数掲載中

学生の皆様へ

高校1年生・2年生の皆様へ
進路について考え始める時期になってきました。3年生になると通常のテスト、部活動の追い込み、進路選び、進路説明会、卒業の準備等いろいろあり忙しくなります。忙しくなる前の1年生、2年生の時期から進路について考えていた方が好ましいでしょう。

高校3年生の皆様へ
奨学金関係の手続きは、専門学校を通して行われることがほとんどのようです。連帯保証人が必要になりますので、保証人に迷惑をかけないように志をしっかりと持って奨学金を受けなければいけません。奨学金は保護者が借り入れるものではなく、学生が借り入れるものであるということを頭に入れておかなければいけません。

専門学校の魅力

専門学校の教育は、社会に出て、即戦力として役立つ実力の養成を目的としています。たとえば電気工学系の学科で学ぶ場合を例にとると、物理学や電磁気学などの基礎を学ぶのは大学と同じですが、学問的な部分は深追いせず、工事や、製造・開発の現場の仕事に、即役立つ知識、技術、資格を得ることを目指して学んでいくことになります。
専門学校の授業の魅力は、なんといっても実習や実技の時間が多いこと。多くの学生が、いちばん好きな科目はという質問に「実習(実技)の授業!!」と答えます。学科にもよりますが、カリキュラム全体の半分近くは実習や実技の時間だと考えてよいでしょう。
講師は現場で活躍中のプロを迎えているケースも多く、授業内容は実戦的な迫力に満ちています。また、講師の存在そのものから、仕事の厳しさや、教科書では学べない職場の常識も学ぶこともできます。設備や道具はプロが使っているもの、あるいはそれに近いものが用意されていますから、実際の仕事現場ではなかなかさせてもらえないようなことも専門学校でなら体験できるかもしれません。憧れていた仕事も実際に体験してみてこそ、その楽しさと難しさがわかるというもの。
クラスメイトたちは皆同じ道を目指してがんばる仲間です。好みや志向が同じ人とは、なにかと気持ちが通じやすいもの。困難な課題や苦しい試験の期間も「友だちと励まし合って乗り越えられた」という学生の声もよく聞かれます。ときにはよきライバルとして切磋琢磨できれば、学生時代のかけがえのない経験となるでしょう。

奨学金制度について

奨学金制度は、金銭の給付や貸与を意欲のある学生に対して行う制度です。経済的に就学が困難だとされる場合に、修学を促すことを目的としているものがほとんどですが、中には経済的なことは問題とせず、学生の優れた能力に対して給付される場合もあります。
奨学金関係の手続きは、専門学校を通して行われることがほとんどのようです。連帯保証人が必要になりますので、保証人に迷惑を かけないように志をしっかりと持って奨学金を受けなければいけません。奨学金は保護者が借り入れるものではなく、学生が借り入れるものであるということを頭に入れておかなければいけません。