専門学校を検索・資料請求できる進学情報サイト
認可校のみ掲載、職業実践専門課程、多数掲載中

将来の仕事から探す

将来の仕事を詳しく解説しています。参考にしてみてくだし。

介護・福祉

老人ホームなどの施設内で、りのお年寄りの食事・排泄・入浴など身の回りを支援する仕事です。おもに利用者の日常生活の介護を行います。
ユニバーサルな暮らしを提案する、福祉社会の生活アドバイザー
日常生活を営むうえで支障のある人について、心身の状況に応じた介護や、家族介護者への助言・指導を行う仕事です。
介護保険が適用される施設で、在宅への復帰を目標に心身の機能回復訓練をする高齢者に対し、排泄、入浴、食事等の支援をする仕事です。
在宅の高齢者や障害者宅を訪問して、介護サービスや家事援助サービスを提供するホームヘルプ事業の第一線の仕事です。家族に介護の技術的な指導を行うことも。
要介護1から5の認定を受けた65歳以上の高齢者がいる施設で、排泄、入浴、食事等の支援をする仕事です。
利用者の人の食事介助、入浴介助、排泄介助、おむつ交換、着替え介助、話し相手やレクリエーション運営などを行う。
有料老人ホームで、高齢者の方に、入浴や排泄の介助、食事の提供、介護など、日常生活において必要な支援を行なう仕事です。
病気や貧困、高齢や障がいなど、様々な理由で社会生活を送る上で何らかの問題を抱えている人の相談相手になり、必要に応じて専門スタッフと連携し援助を行います
1ユニット(5~9人)で共同生活している病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者の、排泄、入浴、食事等を支援をする仕事。
福祉の手を必要とする人の相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する仕事です。 医師、保健医療サービスと連携して、援助を行うこともあります。
介護保険法において要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、介護サービス事業者との連絡、調整等を行います。
福祉施設に入所または通所している高齢者や障害者、児童が快適な生活を送れるように、相談・援助・調整業務を行う仕事です。
医療や介護を必要としている人と介護を行う側の人、双方の相談に乗り、その解決策を指導する仕事です。行政機関・ボランティア団体との連絡交渉の窓口も担います
生活に困っている人の相談役です。困難な課題、問題をもった対象者が生活できるように支援、援助していく仕事です。
精神障害の医療を受けている人、または精神障害者の社会復帰の促進を目的としている人に対して相談・助言・指導・訓練その他の援助を行う仕事です。
施設に入所しているお年寄りや身体障害者が、家庭と同じようにできるだけ自由で快適に暮らせるよう、食事・着替え・排せつ・入浴などの生活全般の介助をする仕事
すでに介護を必要としている要介護者だけでなく、健全者に対して介護予防に関する指導をする仕事です。