専門学校を検索・資料請求できる進学情報サイト
認可校のみ掲載、職業実践専門課程、多数掲載中

将来の仕事から探す

将来の仕事を詳しく解説しています。参考にしてみてくだし。

自然・環境

大気汚染防止装置や水質汚濁防止装置、廃棄物処理装置など、公害防止や環境保全に役立つ技術を開発、提供する技術者です。
環境調査を行う企業や研究所、環境コンサルティング会社などで、大気や水質などを測定・分析・研究する仕事です。
道路開発や、海洋開発など大規模事業を行う前に、環境への影響を調査・予測・評価する仕事です。海や川、雑木林などの状況や、生物の生息状況なども調査します。
官公庁、民間企業などの依頼により、環境保全に関する企画立案、調査、解析などの業務を行う仕事です。
水質の汚染濃度や騒音レベルなど、環境についての計量および計量管理を行う仕事です。国や自治体、企業、個人などからの依頼を受けて、適正な測定を行います。
自然環境事務所や自然保護官事務所などにおいて、国立公園の保護管理のほか、野生生物保護、外来生物対策、里地里山保全など自然環境保全業務を行う仕事です。
自然と人との「仲介」となって自然について解説を行う人を指します。ただ自然に詳しいだけではなく、突発的出来事への対応なども求められる仕事です。
自然散策ツアーなどに同行し、自然を深く知り、体感するためのガイドを行います。ツアー客の安全を確保しながら案内や動植物の解説を行う仕事です。
作業環境測定士試験に合格し、厚生労働大臣の登録を受け、指定作業場の労働者の健康を守るために、有害物質を調査など作業環境測定の業務を行う仕事です。
森林を利用する一般の人に対して、森林や林業に関する適切な知識を伝えるとともに、森林の案内や森林内での野外活動の指導を行う仕事です。
小学校、中学校の教育現場や、山や森、海や川などの自然の中で、自然と触れ合う機会を設けて環境について考えることを指導する仕事です。
海上都市やリゾート、海上空港、海水の淡水化など海洋開発の研究する仕事です。また、海洋環境や資源管理、開発、水産生物の研究なども行います。
気象庁から提供される数値予報資料等高度な予測データを、適切に利用できる技術者です。国家資格。