専門学校を検索・資料請求できる進学情報サイト
認可校のみ掲載、職業実践専門課程、多数掲載中

将来の仕事から探す

将来の仕事を詳しく解説しています。参考にしてみてくだし。

ファッション

ブランドショップ、服飾専門店などのアパレルショップや、化粧品のコスメショップなどで、来店するお客さまに商品の特徴説明やアドバイスを行う仕事です。
ショップ等において主に洋服やファッションアイテムの販売を行います。季節や個性に合わせたコーディネートやアドバイスも行いお客様に満足感を提供する仕事です
店舗で、服飾品や小物の販売や接客はもちろん、商品の発注から管理などを行います。商品や流行に対しての知識、色彩・コーディネートのセンスを生かす仕事です。
小売店やセレクトショップ、百貨店などに勤務して商品の仕入れを担当する仕事です。予算内で、魅力的な品揃えができるかどうかはバイヤーの腕にかかっています
主に、映画・テレビ・雑誌などで出演者が身につける衣裳、アクセサリー、小物などを集め、髪型なども含めてその場面に合ったコーディネートを行う仕事です。
売れる商品(ファッション系)のアイデアを練って世の中に送り出す仕事です。
服飾・ファッション分野のデザインを行う仕事です。生地、染色、人間の身体や流行などに関する知識に加え、売れる商品を作る企画力やプレゼン力も求められます。
効果的な商品ディスプレイなどの販促業務や、接客時のファッションアドバイスなど販売全般に関わる仕事です。アパレルメーカーにおけ企画販促業務も同様です。
デザイン画を元に服のイメージを、格好よく、着やすい、美しいシルエットをパターン(型紙)におこす専門職です。商品として既製服を作る重要な役割の仕事です。
ブランドのイメージに沿ってスタイリストに服を貸し出し、雑誌社のパーティーで雑誌のタイアップや広告の打ち合わせ、撮影の立ち会いなどが主な仕事です。
主に服飾や乗り物の内装など、布地・織物の色、模様・図柄、質感等のデザインをする仕事です。繊維の織り方や繊維そのものを選んだり作ったりすることもあります
衣服や小物などの布製品の縫製を手がける仕事です。日本の縫製技術は海外のデザイナーからも注目されているほど、高い評価を得ています。
デザイナーやスポンサーの依頼でファッションショーの企画や制作を行います。会場レイアウト、音響・照明・特殊効果などの演出、進行管理、広報活動も行います
ファッション誌の特集ページを企画し、撮影された写真などをまとめて「見せる」段階まで仕上げるのが編集者。特集ページの取材、原稿を書くのが記者の仕事です。
ファッションブランドの衣服や装飾品を身に付け、ブランドイメージとしてファッションショーに出たり、広告やファッション雑誌などに登場する仕事です。