専門学校を検索・資料請求できる進学情報サイト
認可校のみ掲載、職業実践専門課程、多数掲載中

専門学校Q&A

専門学校に関してよくある質問をまとめてみました。また専門学校ナビに関しての質問もありますのでご覧ください。その他のご質問に関しましてはこちらよりお問い合わせください。

専門学校について

1、専門学校は高等学校卒業以上でないと入学できないのですか。
原則として、高等学校卒業程度以上でないと入学できません。
高等学校卒業者のほか、1.外国において12年の学校教育を修了した者、2.高等学校卒業程度認定試験に合格した者、3.修業年限が3年の専修学校高等課程を修了した者、4.専門学校において、高等学校を卒業した者に準ずる学力があると認められる者ーなどは入学資格が認められます。なお、高等学校中退者は専門学校に入学することはできません。高等学校中退者が入学できる学校として専修学校高等課程(高等専修学校)があります。
2、推薦入学で専門学校に入学することができますか。
ほとんどの専門学校が推薦入学を実施しています。
推薦入学の条件は、高等学校時代の学習成績概評C段階以上(評定平均値の平均2.7以上)というのが普通です。また「自己推薦」制度を設けている専門学校もあります。推薦入学の選考方法は書類審査と面接が大半です。
3、一般入学ではどんな方法で入学者選抜が行われますか。
たいていは書類審査と面接で行われます。
まれに作文・小論文、学科試験、実技(適性検査)などが行われることもあります。学科試験の問題は基本的なものばかりです。実技は幼児教育科や保育科のピアノ、デザイン科、美術科のデッサン、スポーツ系の体力測定など。いずれの分野でもしっかりとした目的意識が必要です。
4、他校と併願することは可能ですか。
推薦入学では単願を原則としていますが、大学や短大との併願に限り入学手続きを併願先の合格発表まで待つ専門学校もあります。
一般入試での併願は自由ですが、複数校への出願時には入学手続き締切日を確認しましょう。他校の合格発表前でも定められた日時までに手続きをしないと、その学校に入学する権利を失ってしまいます。
5、専門士の称号はどこの専門学校でも得られるのですか。
専門士の称号は文部科学大臣が認定した学科でしか得られません。
認定の条件は、1.修業年限2年以上、2.総授業時数1,700時間以上、3.試験等によって成績評価を行い、課程修了の認定を行っていること、の3つです。たいていの専門学校で専門士の称号が得られますが、2年未満の課程は条件を満たしていません。専門士の称号が得られる学科であれば、大学編入資格も得られます。
6、学校見学したいのですが?どうしたらよいですか?
当サイトより「お申込」「資料請求」をした後に学校にお問合せをするとスムーズに参加できます。
7、オープンキャンパスに行く予定ですが、服装は高校の制服と私服のどちらで行けばよろしいですか?
服装は基本的に自由です。高校生は制服で参加されている方も多数いらっしゃいます。不安であれば制服がおすすめです。また、学校のジャンルによっては体を動かすイベント内容もありますので動きやすい服装もオススメです。
8、友達はちゃんとできますか?人間関係で悩んでる子はいますか?
各学校によって違いますが、専門学校では18歳以上という事もあり、みんな仲良くしているようです。しかし個人差はあります。2年間楽しく過ごす為に必ず入学願書を提出する前に「資料請求」「体験入学」などをして、希望校の雰囲気を掴んでください。
9、国の教育ローンは、現在通っている学校から申し込みするのですか?
はい。現在通っているorこれから通う学校から申請をしてください。
10、地方から出て行くので、寮などの完備について知りたいです。
ほとんどの専門学校では学生寮、学校提携のマンションなどを完備しています。各学校によって異なりますので、気になる学校が見つかれば、資料(パンフレット)を請求してください。

専門学校ナビについて

1、学校の資料(パンフレット)取寄せは、お金かかりますか?
いいえ。
「専門学校ナビ」では掲載の全ての学校のパンフレットは無料にて取寄せる事ができます。
2、資料(パンフレット)を請求したら、電話とかメールとかいろいろ来るようになりますか?
いいえ。
当サイト「専門学校ナビ」では、利用者の方が迷惑と感じる行為はしておりません。確認事項で必要な時だけ連絡をいたします。
3、資料(パンフレット)は何日で届きますか?
平均3営業日~7営業日とお考えください。万が一、届かない場合はお問合せください。入力情報に誤りがあり、リターンした可能性がございます。