信用ある専門学校を検索・資料請求できる進学情報サイト
認可校のみ掲載、職業実践専門課程、多数掲載中

学校選択のポイント

専門学校のカリキュラムは、それぞれの学校の教育方針に基づいて独自に編成されています。このため同じ分野の学校や学科でも、教育内容は千差万別です。
次の7つのポイントにそって学校をチェックし、目指す職業と学校と自分自身、この3点について理解を深めておくことが肝心です。

1,正式に認可された学校か
専門学校のつもりで入学したら、都道府県知事の認可を受けていない無認可の教育施設だったという例が時々報告されています。これら無認可校は修了しても正式な学歴とは認めらていませんし、専門士(高度専門士)の称号付与や公的奨学金制度の利用、通学定期の学割などの特典は受けられません。自治体の担当部署か都道府県の専門学校の協会に問合せをするか、認可校だけを掲載して検索できる「専門学校ナビ」で検索しましょう。
2,教育内容、教員の充実度は
専門学校では非常に密度の濃い授業が行われます。カリキュラムと、実際に指導にあたる教員スタッフが充実しているかどうかで実力に大きな差が出てきます。まず、入学案内書を取り寄せて数校のカリキュラムを比較し、目指す職業に直結しているかどうか(あるいはより近道かどうか)、どんな先生が教えているのかを確認しておくことが大切です。場合により、ある程度専門分野に通じた人に入学案内書を見てもらうのも良いでしょう。
3,施設・設備は十分か
カリキュラムや教員などの「ソフト」面とともに、施設・設備などの「ハード」面のチェックも忘れてはなりません。受けた専門教育が実社会で通用するかどうかは、このハード部分の充実度にもかかわっています。ただ、施設・設備が充実しているかどうかは一般には分かりにくいことも多いため、1つの学校だけの資料や見学だけで進学する専門学校を決めずに、最低3~5つの専門学校の情報を得たほうが良いでしょう。
4,就職指導体制、実績は
専門学校ではクラス担任や学科の責任者などが就職部(課)と一体になって就職指導を行うのが普通です。多くの専門学校で就職指導には力を入れていますが、指導方針はそれぞれの学校によって異なります。就職企業や職種にしても各学校ごとに特色があります。入学案内などで就職指導方針や指導方法、就職実績など比較検討しておきましょう。
5,学費は総額でいくらかかるか
学費については、初年度の総額はいくらで、2年次以降はいくらかかるか、それらをいつ納入するのか調べましょう。入学案内書に記載されてないもので納入しなければならない費用は、何の名目でいくらかも押さえておく必要があります。教材や資格試験のほか、研修旅行を行う学校も増えています。学費は単に安いか高いかだけでなく、教育内容などと考え合わせ総合的に判断することが大切です。
6,周囲の評判はどうか
進学する学校はなるべく多くの人の意見を聞いて決定することが大切です。とくに高校生の場合は入学案内書を見て、学校や仕事に憧れてしまい1人で決めてしまいがちで。それらの学校に関して、保護者ご自身の情報はもとより、先生や先輩あるいは周囲の人などいろいろな人の情報を総合し、お子さんの希望を考え合わせて、学校選択をしてください。
7,オープンキャンパスに参加を
多くの学校では「学校見学」や「一日体験入学」で教育内容や施設・設備などを見ることができます。入学案内書ではある程度のことは分かりますが、学校の雰囲気や周辺環境などは実際に足を運ばないとつかめません。その際、漠然と見学するのではなく、事前に調べたポイントのチェックや、不明点を質問することも大切です。学校を比較するためには、3校~5校といった複数の学校を見るようにしましょう。