高橋  一樹
卒業生
高橋  一樹 さん
常に自分自身を向上させようとする姿勢が大切。
私は学生時代から海外で仕事をしたいと思っていました。そんな中、日本電子時代の先輩が携わった作品が、VES賞にノミネートされたんです。この知らせは、私にとって“海外で仕事をしたい”という夢への一歩を踏み出す大きなキッカケとなりました。今は、プログラムとデザインの両方の知識と技術が問われるテクニカルディレクターという、非常に特殊な仕事をしています。毎日が充実していて楽しいですよ。

日本電子で学んだことは、今の仕事に「全て」役立っています。例えば、レンダリングの基礎からLinuxやプログラミング言語。Mayaでの作業やAfter Effectsでの編集など、テクニカルディレクターに必要な全ての要素が、日本電子で学んだことに含まれています。
CG業界はハングリー精神が強い方々ばかりです。常に自分自身を向上させようとする姿勢が非常に大切です。日本電子でしっかり基礎を学び、ライバルよりも頑張れば、CG業界で活躍できるチャンスはいくらでも生まれると思います。