平野
卒業生
平野 さん
子ども達の記憶に残る保育者になりたい
大好きな子ども達に囲まれて仕事ができることに幸せを感じています。目標は、子ども達の記憶に残る保育者になること。子ども一人ひとりを理解し、それぞれにあった関わり方を実践していきたいと思っています。

関西保育福祉専門学校では、入学直後から年間通して実習を経験できるので、早い時期から保育者の仕事内容が理解でき、実習と授業を繰り返すことで実践力が身についたと思います。
子どもは毎日決して同じということはなく日々成長して、いろいろな表情を見せてくれます。その成長を一番近くで感じることができるのが保育者の醍醐味ですし、何よりのやりがいになっています。
子どもが好きという根本を忘れず、保育者になりたいという強い意志を持ち、壁に立ちふさがっても根気強く実習や授業に取り組んでください。そうすれば、きっと夢が実現するはずです。共にかんばりましょう。