大内 睦畿
先輩
大内 睦畿 さん
幼少時の経験から将来は歯科に関わる仕事に就きたいと思うようになりました
私は呼吸器官の障害で生まれてすぐ新生児治療室に入りました。小学校入学まで入退院の繰り返しで、薬の副作用により乳歯と歯茎はひどい状態になっていたそうです。幼い時の記憶は、歯科医院に通い治療を受けていたことです。その時の歯科医師や歯科衛生士にはボロボロになった歯を救ってもらったことに感謝しています。そのことから歯の大切さを実感し始め、将来は歯科に関わる仕事に就きたいと思うようになりました。将来の進路を決める時に歯科技工士と迷いましたが、やはり患者さんと直接触れ合うことのできる歯科衛生士の道を選びました。
男子を受け容れる歯科衛生士学校を探したところ埼玉歯科衛生士専門学校を知り、即、体験入学に参加しました。そこで校長先生の話を聴き、真の歯科医療とはなにかを学べたとともに、歯科界の現状を知ることができました。
本校でも男子学生はまだ少数ですが、今は学校の環境とクラスの友人たちに恵まれ、充実した日々を送っています。本当にこの学校を選んで良かったと思っています。