西 正史
卒業生
西 正史 さん
実践に即した学びと実習が、進路決定に役立ちました。
理学療法士として働き実感しているのは、疾患名や障害名が同じであってもただ同じアプローチをするだけでは改善が見込めないということ。その点OCRでは、この疾患にはこの理学療法を行う、といったマニュアルを学んだ記憶はありません。その代わりに理学療法を行う上での思考過程、理学療法プロセスについて考える機会が多くありました。マニュアルは不要ではありませんが、OCRで学んできたことがいかに重要だったかと確認する日々です。

また、OCRは実習が多く、学生のうちから視野を広く持つことができ、進路決定へのヒントを多くもらえました。理学療法士は増加していますが、多くの分野で専門性をいかせるチャンスが増えていると思います。