卒業生
大沼 瞳 さん
気持ちに寄り添い、安心感を与えたい。
慢性期、療養期の患者様が多く、大きな改善は難しいです。でも、リハビリを続けて、「出来た!」の小さな変化で笑顔などの反応があるのは、嬉しいです。患者様の気持ちに寄り添うことを大切に、仕事をしています。