専門学校を検索・資料請求できる進学情報サイト
認可校のみ掲載、職業実践専門課程、多数掲載中

歯科衛生士専門学校について

歯科衛生士専門学校についてご説明しています。

歯科衛生士専門学校
歯科衛生士って?
歯科予防処置、歯科診療補助および歯科保健指導等を行う国家資格です。男女の区別はありませんが、圧倒的に女性が多い職種です。
必要な資格 主に働く場所 管轄省
歯科衛生士 歯科衛生士<国家資格> 一般歯科医院、病院、保健所、保健福祉センター、心身障害者(児)歯科センター、歯科関連企業、病院、高齢者施設、歯科材料メーカー、歯科製品メーカー、歯科関連商社など。 厚生労働省
歯科衛生士と歯科助手(アシスタント)は、何が違うの?
歯医者さんに行くと、ナースウエアを着た女性が働いているのを目にします。 彼女たちが、みな歯科衛生士かというと実は違います。 歯科衛生士の方もいれば、歯科助手(アシスタント)の方もいます。 外見だけでは見分けがつきにくいのですが、実際の仕事には大きな差があります。
ひと言でいうと「患者さんの口の中に触れることができるかできないか」ということです。 歯科衛生士は国家資格を持っているので、患者さんの口腔内に直接触れて歯石除去、薬物塗布、 診療補助、歯磨き指導などの処置することが可能です。
一方、歯科助手に必要な資格は基本的にはありません。そのため、患者の口腔内に直接的な行為を行うことは禁じられています。 主に、歯科診療に必要な器具をセッティングしたり、受付、会計事務などを行います。
高等学校卒業後→歯科衛生士の専門学校、短期大学など進学する方が多いようです。
高校卒業後、専門学校(3年制)、短期大学(3年制)などに進学します。 座学、学内実習、学外臨床実習を積み重ねて、国家資格取得に向けて準備を整えていきます。
歯科衛生士「国家試験」について
毎年1回、2月下旬~3月上旬に実施されます。 試験問題は全てマークシート式で、合格発表は3月下旬に行われます。 各教育機関では、国家試験対策、特別演習、模擬テストなどきめ細かい指導を行っています。
歯科衛生士の職場環境・勤務形態
多くの歯科医院では日中勤務で夜勤はほとんどありません。週休2日制が一般的となっています。 ほとんどの歯科衛生士は特定の歯科医院で勤務していますが、中にはフリーランスという形で働いているケースもあります。 昼間の仕事なので、育児との両立もしやすい環境といえるでしょう。 また一度仕事を離れてしばらくしてから仕事を再開する、復職も可能な職種です。
就職状況
どの専門学校でも、ほぼ100%です。求人倍率も10倍前後とたいへん高い数字になっています。
平均年収
平成24年度の厚生労働省賃金構造基本統計調査によれば、歯科衛生士の平均年収は32.2歳で約360万円となっていますが、 勤務する歯科医院によっては給料も待遇も差があるのも実情のようです。 労働時間を見ると、180時間以下という事なので、極端に超過する事はないようです。
・平均年齢:32.2歳
・勤続年数:6.5年
・労働時間:164時間/月
・超過労働:7時間/月
・給与月額:252,700円
・年間賞与:572,400円
・平均年収:3,604,800円
歯科衛生士を目指せる専門学校
チェックした学校の資料をお届します(無料)
北海道 東北
池見札幌歯科衛生士専門学校 北海道 北海道ハイテクノロジー専門学校 北海道
函館歯科衛生士専門学校 北海道 仙台保健福祉専門学校 宮城県
関東
新宿鍼灸柔整歯科衛生専門学校 東京都 東京都歯科医師会附属歯科衛生士専門学校 東京都
太陽歯科衛生士専門学校 東京都 東京西の森歯科衛生士専門学校 東京都
日本医歯薬専門学校 東京都 埼玉歯科衛生専門学校 埼玉県
東海
中央歯科衛生士調理製菓専門学校 静岡県 名古屋ユマニテク歯科製菓専門学校 愛知県
中国
朝日高等歯科衛生専門学校 岡山県
四国
専門学校穴吹福祉医療カレッジ 徳島県
九州・沖縄
専門学校大育 沖縄県